外壁材料

窯業系サイディング

セメント質と繊維質などの原料を板状に形成した外壁材。

コスト・機能性・デザイン性など、総合的に優れていることから ?現在の新築木造住宅”では7割以上の方が採用されている。

 

豊富なデザイン

3,000種類以上あると言われているデザインとカラーバリエーション。これだけ豊富にあればお施主様の要望にも応えられるはずです。

 

今流行りのコスパ

性能を高め高価な商品もありますが、総合的には他の材料と比べ安価で施工費も安い。

断熱性・耐久性・防音性なども高いことからコストパフォーマンスはかなり優秀といえます。

 

メンテナンス

一般的に窯業系サイディングは10年を経過する頃から表面の塗装や目地部のコーキング材に劣化が見られます。コーキングの打替え、塗装が必要になります。

 

 

金属サイディング

金属板と断熱材によって構成された外壁材。 窯業系サイディングと比べると初期コストはかかってしまうが高い機能性やスタイリッシュなデザインが支持され近年採用する方が増えている。

 

シンプル イズ ベスト

各メーカーより様々なデザインや機能性に優れた商品がラインアップされており、金属ならではの質感とスタイリッシュな外観を表現したい方にはオススメです。

 

外壁材最軽量

金属サイディングは軽量の為、建築物の構造にかかる荷重が少なく、地震などの揺れによる振り幅を
抑える効果があります。

 

メンテナンス

表面が薄い素材のため、少しの衝撃で凹んだり傷つきやすい。凹みや傷は簡単には直せないので、少しデリケートともいえます。

 

 

タイル外壁

タイルとは、石や土、粘土を約1,300度の高温で焼き固めたものです。 建築では床や内装などにもよく使われる素材ですが、外壁材としても使用されています。

 

タイル外壁の魅力は高級感

風格のあるクラシックスタイルからモダンスタイル、オシャレなナチュラルスタイルなど存在感のある外観を演出してくれる外壁材です。

 

施工法の改善

従来のセメントで貼りつける施工法から、最近では強力なタイル用の接着剤や専用金具で施工するため
タイル浮きの心配は少なくなりました。

 

コストパフォーマンス

汚れや色褪せの少ないタイルは、塗り替えなどのメンテナンスも基本的に不要のためランニングコストは非常に優れています。

一方で初期コストが高い。窯業系サイディングと比較すると一般的な木造住宅で前面に施工すると数百万円の差になります。

 

 

塗り壁

土・セメント・水・糊などで配合された泥状のものを壁に塗り付け硬化させる仕上げ方です。 継ぎ目の無い一体の美しい外壁。

 

メリット、デメリット

工業製品では出せない質感。左官職人さんが手作業で塗っています。
良くも悪くも左官職人さん次第です。

漆喰や珪藻土などの天然素材を使えるのも魅力の一つ。無機系は経年劣化がしにくい一方、素材自体に伸縮性が少ないためクラック(ひびわれ)が起こりやすい。

 

 

ALC

気泡コンクリートと呼ばれる特殊コンクリートの一種。
中には鉄筋と気泡が入っているため、通常のコンクリートよりも 軽く、機能性に優れている。

 

何に重きを置くか

中高層ビルの外壁や床材などで使われている。耐久性・断熱性・遮音性・防火性などの機能性が非常に高い。機能性を重視したい方にはオススメです。

 

コストパフォーマンス

塗装などを更新して長期間の耐久が可能ですが、初期コストも安くはないためコストパフォーマンスは期待できない。